Sunday, December 27, 2015

ペトルーシュカ Pétrouchka 楽しめる名曲

IMG_0838_convert_20120331014610.jpg
http://hojoballet.blog134.fc2.com/blog-entry-451.html

「ペトルーシュカ」は、いわゆる三部作中、いま小生がもっとも気にいっている曲である。

ストラヴィンスキーの性格には狷介なところがあり、「春の祭典」では、カラヤン盤を酷評したことでも知られる。なぜか。おそらく原初的な宗教世界の「神聖」について、ストラヴィンスキーには思想的にも表現にこだわりがあったのだろう。カラヤン盤はけっして粗野ではないが、ベルリン・フィルの低弦の強烈な合奏力を前面にだしたいわばオーケストレーションの実験曲的なアプローチが強かったと思う。小生も当時の録音の良さもあって度肝を抜かれる思いであった。その点、録音の悪さはあるが、マルケヴィッチは作曲家の真意をはかった鋭き解釈が持ち味で、それは「神聖」であるかどうかはわからないが見事に「知的」である。

「火の鳥」はデュトワを聴いて、これがひとつの行き方かなと思った。激しさよりもファンタジックで緻密なアンサンブルの妙によって、この曲の物語性が浮き彫りになると感じた。
 
 

さて、「ペトルーシュカ」は、上記比較においてはわかりやすい。ピノキオの寓話性とマリオネットのぎこちなき動きがバレエ視覚面でみても技術的に面白く、音楽はその点を十分に考慮して表現する必要がある。以下の演奏はどれも優れているが、その本質さえ外さなければ、強靭な音楽アプローチでもよし、一方、緻密さをもってしてもよし、という許容性が広いと思う。しかし、単純すぎてはいけない。ストラヴィンスキー的な諧謔は、スパイスとしては不可欠である。

よって、指揮者もそこは卓抜なる技法の駆使が求められていると思う。



フランク:交響曲二短調&ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ(期間生産限定盤)

フランク:交響曲二短調&ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ(期間生産限定盤)


The Great Conductors からの1枚、「ペトルーシュカ」をなにげなく聴き、本当に驚愕した。たっぷりと原色の油絵具をとり、これを思うさまカンヴァスに叩きつけるような演奏。リズムがあたかも自立的な意思をもって動き出すような躍動感に、めくるめく繰り出されるメロディが乱舞する。最近の整いすぎた大人しい演奏とは全く異質な、トリッキーで自由な動態の面白さ、もろものの抑圧から一気に解き放たれたようなスカット感―はじめて「ペトルーシュカ」の真髄にふれた気がした。初演指揮者モントゥーの面目躍如。

ストラヴィンスキー:バレエ「春の祭典」「ペトルーシュカ」

ストラヴィンスキー:バレエ「春の祭典」「ペトルーシュカ」

デュトワの音楽的感性はとびきり美質で、かつ研ぎ澄まされており、まさにミューズに祝福された才能の持ち主であると思いながら耳を傾けた。
ストラヴィンスキー演奏の一つの行き方である激しく「荒くれた」表現力はここでは完全にセーブされ、気品に満ち明るい音調が全体を支配する。「柔らか」でありながら、整序されたアンサンブルが清浄な湧き水のようにあふれ、そこに身をおく快感はデュトワならではである。「火の鳥」全曲版は特に有名だが、むしろ本集所収の「ぺトルーシュカ」(1911年版)の方がこの傾向がより端的にでているかも知れない。「春の祭典」も躍動感は十分だが、抑制にきいたクールヘッドな演奏である。
録音はモントリオール、聖ユスターシュ教会でなされ、音の広がり、残響ともに実に心地よい。

<収録情報>
・バレエ音楽『春の祭典』1984年5月
・バレエ音楽『ぺトルーシュカ』(1911年版)1986年11月
 
ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ、春の祭典
 

ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ、春の祭典

春の祭典とペトルーシュカなどストラヴィンスキー解釈について、ブーレーズ「以前」と「以降」では指揮者に再考を促したともいわれる音源。ブーレーズにはほかの録音もあるが、クリーブランドを振った本盤が規準版といっていいと思う。初演以来、スキャンダルさをもって登場した「春の祭典」では、それに引きずられ演奏も過度にアクセントをつけたものも多いが、ブーレーズは、緻密な構成と音楽の純度を高め、冷静に劇的な叙事詩としてこれを表現しているように感じる。一方、「ペトルーシュカ」も同様なアプローチだが、細部をゆるがせにせず、リズムとメロディの最適バランスをもって、管弦楽の精華とでもいうべき高みに達している。いまだベスト盤の一角を占める名演である。
 
Ballets & Symphonies
 
http://www.amazon.co.jp/Ballets-Symphonies-I-Stravinsky/dp/B005BLYSJC/ref=cm_rdp_product_img
 
World's Greatest Hits of Ballet
 
https://www.blogger.com/blogger.g?blogID=38657695#editor/target=post;postID=6763009377991210241
 
Igor Stravinsky: Orchestral Works, Violin Concerto, Oedipus Rex, The Rake's Progress
 


 

No comments: