Sunday, January 07, 2018

ヌリア・リアル Nuria Rial

Telemann

【以下は全て引用】

テレマンは12歳で初のオペラを作曲し、生涯で20のオペラを作曲したといわれており、現在では8曲が残されています。徐々にその復活上演が行われ、その中でも「寛容なソクラテス」は彼の代表するオペラであり、貴族的というより世俗的でメロディックな美しいアリアも多く含まれています。ヌリア・リアルのテクニックはもちろん、純潔な歌唱で、テレマンのオペラの素晴らしさを教えてくれるでしょう。さらにバーゼル室内管の躍動感あふれる古楽器演奏も、素晴らしい効果を上げています。

■ヌリア・リアル
バルセロナ生まれのソプラノ歌手。カタロニアの声楽部門で賞を取った後、バーゼルでクルト・ヴィドマーに師事。様々なバロック・オーケストラと共演。ルネ・ヤーコプスに認められ、彼の『フィガロの結婚』に抜擢され、現在ではバロック声楽作品だけでなくオペラにも多数出演し評価が高まり、今や美しい歌声とテクニックで、バロック・オペラの歌姫として活躍しています。2006年の「熱狂の日」で来日。
ソニー・ミュージック

Bach: Arias

エコー・クラシック受賞などを誇る素晴らしく美しいソプラノ、ヌリア・リアルの期待のバッハ・アルバム。ここに収録されたカンタータや歌曲は、ケーテンの宮廷歌手でもあったアンナ・マグダレーナ・バッハのために書かれたと思われる作品です。彼女の天真爛漫な純真さのようなものを感じさせてくれるその素晴らしい表現は、私たちを幸福な気持ちにさせてくれるはずです。途中には、バーゼル室内管弦楽団のコンサート・ミストレスのユリア・シュレーダーの表現力あふれるバロック・ヴァイオリン・ソロによる協奏曲を収録。透き通った風が舞うような美しい瞬間と躍動感が感じられるでしょう。
ソニー・ミュージック
Händel: Süße Stille, Sanfte Quelle
バロックの美しき歌姫、ヌリア・リアルのヘンデル!
このアルバムの前半は、若手美形&美声古楽系ソプラノ歌手の中でも特に注目されている、バルセロナ生まれのソプラノ、ヌリア・リアルによる、ドイツ国籍のヘンデルによってイギリスへの帰化の直前に作曲された『9つのドイツ・アリア』。リアルと、カウンターテナーのザッゾが出演したヘンデル:『リチャード一世』(88697174212)ヘンデル:オペラ・デュエット集(88697214722)での見事なテクニックと表現は、最近の古楽歌手の中でもこのふたりが素晴らしい逸材歌手といわれていることがわかるでしょう。
 後半では、オーストリアン・バロック・カンパニーによる、盛大な『王宮の花火の音楽』が繰り広げられます。

【ヌリア・リアル】
カタロニアの声楽部門で賞を取った後、バーゼルでクルト・ヴィドマーに師事。様々なバロック・オーケストラと共演。ルネ・ヤーコプスに認められ、彼の『フィガロの結婚』に抜擢され、現在ではバロック声楽作品だけでなくオペラにも多数出演し評価が高まり、今や美しい歌声とテクニックで、バロック・オペラの歌姫として活躍しています。2006年の「熱狂の日」で来日。(ソニー)

【収録情報】
ヘンデル:
・来たるべき日々の空しい憂いも HWV.202
・たわむれる波のきらめく輝きは HWV.203
・かわいい矢車草の花 HWV.204
・快い静けさ、安らぎの泉 HWV.205
・魂よ、神をほめたたえて歌え HWV.206
・私の魂は見ながらにして聴く HWV.207
・薄暗い墓穴から来たお前たち HWV.208
・心地好い茂みの中 HWV.209
・燃えたつようなばら、大地の飾り HWV.210
・王宮の花火の音楽 HWV.351
 ヌリア・リアル(ソプラノ)HMV.202~210
 オーストリアン・バロック・カンパニー
 ミヒャエル・オーマン(指揮)

https://www.amazon.co.jp/H%C3%A4ndel-S%C3%BC%C3%9Fe-Stille-Sanfte-Quelle/dp/B076VSX38D/ref=sr_1_cc_2?s=aps&ie=UTF8&qid=1515084157&sr=1-2-catcorr&keywords=%E3%83%8C%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB

Haydn: Arie per un'amante

このアルバムでは、ハイドンの中でも大変珍しいアリア作品を収録しました。これらの作品(Hob.32b群)は、ハイドンが他の作曲家のオペラの追加挿入アリアとして作曲したものですが、実際はハイドンと長く付き合っていたエステルハージ家お抱えの歌手、ルイジャ・ポルツェッリのためにハイドンが作曲した作品と言われています。ヘンデルなどのバロック・オペラを中心として絶賛を浴びている美人ソプラノ歌手ヌリア・リアルが、クリスタルでクリアな美声とコロラトゥーラの絶品テクニックで、これらの超絶技巧のアリアをみごとに歌い上げます。 [コメント提供;BMGジャパン]

The Spanish Album
バルセロナの歌姫ヌリア・リアル。清廉な歌声で響くスペインの“歌”!
アーティストにスポットライトをあてるニューシリーズ「グロッサ・ポートレート(Glossa Portrait)」の第1弾は、スペイン、バルセロナ生まれの歌姫ヌリア・リアル! 美しき歌声と美しき容姿で一気に新世代の古楽系ソプラノを代表する存在となったヌリア・リアルが歌う母国“スペイン”の“歌”。この素晴らしき歌声に魅了されて下さい!
東京エムプラス

http://tower.jp/search/item/%e3%83%8c%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%ab?page=1

No comments: