Saturday, October 26, 2013

バルトーク ピアノ協奏曲全集(第1~3番)

Bartok: Ctos P/Pno 1 & 3
http://www.amazon.co.jp/Bartok-Ctos-London-Symphony-Orchestra/dp/B00004Z339/ref=wl_it_dp_o_pC_nS_nC?ie=UTF8&colid=2AP6H65EZ6KPB&coliid=IZGSU2S40HBFB


いま聴いているのはスティーヴン・コヴァセヴィッチとコリン・デイヴィス/ロンドン響、BBC響による演奏。バルトークの3曲の変遷はドラマティックで、第1番第3楽章の強靭、激烈な音響と第3番第2楽章の諦観的な静寂美の対照などは、表現者にとっては面白くもありしんどくもあろうが、コヴァセヴィッチは深く作曲家の心情に寄り添い感動的なピアニズムを展開している。デイヴィスの追走も見事で一気に聴かせる好演である。

バルトーク:ピアノ協奏曲全集
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF-%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E5%8D%94%E5%A5%8F%E6%9B%B2%E5%85%A8%E9%9B%86-%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E5%9B%A3/dp/B00005FL6I/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1382846138&sr=1-1&keywords=%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B1%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%80%80%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF


小生の好む別の演奏。ショルティの揺るぎないバルトーク像をこちらはアシュケナージが深く理解し完全に融合した演奏。いわばピアノ付交響曲全集。
 
 
バルトーク:ピアノ協奏曲全集
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%EF%BC%9A%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E5%8D%94%E5%A5%8F%E6%9B%B2%E5%85%A8%E9%9B%86-%E3%82%B7%E3%83%95%EF%BC%88%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5%EF%BC%89/dp/B004YSDMI6/ref=pd_cp_m_0

(参考)

【バルトーク ピアノ協奏曲第1番】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E5%8D%94%E5%A5%8F%E6%9B%B2%E7%AC%AC1%E7%95%AA_(%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF)

【バルトーク ピアノ協奏曲第2番】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E5%8D%94%E5%A5%8F%E6%9B%B2%E7%AC%AC2%E7%95%AA_(%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF)

【バルトーク ピアノ協奏曲第3番】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E5%8D%94%E5%A5%8F%E6%9B%B2%E7%AC%AC3%E7%95%AA_(%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF)

【スティーヴン・コヴァセヴィチ】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%81

No comments: