Monday, June 04, 2018

名盤探訪 ワルター モーツァルト:レクイエム

モーツァルト:レクイエム(期間生産限定盤)
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2KQYQG4PDHRU2/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B01HLDYR3O

ワルターによるモーツァルトのレクイエム、抒情的な美しさをもっとも自然にひきだした名演である。ワルターは、その演奏スタイルとして、円熟期以降、全般に金管楽器、打楽器の過度な強調をおさえて、弦楽器と木管楽器の融合の響きを大切にしたが、そうした特質があますところなく表出されているのが本盤である。モーツァルトを得意とした、というよりもモーツァルトといえばワルターともいわれた当代の第一人者が、その最後の作品をどう表現すべきか。自然の流れのなかで、しかしモーツァルトへの畏敬の念あればこその深みをここに感じる。歌手の潜在能力をひきだすうえでも常に配意を忘れなったワルターらしい美しくしなやかな詠唱と合唱も感動的。

➡ Bruno Walter Conducts Mozart も参照


♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫

No comments: