Saturday, June 02, 2018

名盤探訪 クナッパーツブッシュ ワーグナー:管弦楽曲集II

ワーグナー:管弦楽曲集II
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3QMAJMYO1PLBM/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00L2JDZHS

『リエンツィ』、『さまよえるオランダ人』両序曲については各1950年、1953年の覇気あふれる録音(➡ Wiener Philharmoniker)がある。本盤はミュンヘン・フィルを振っての1962年11月バイエルン・スタジオでのセッション収録であり、クナッパーツブッシュの最晩年の音源。聴き比べると本盤ではいかにもテンポが緩慢で、その分劇的な緊張感が減殺されているように感じる。録音の良さもあって、滔々とした音の奔流こそ本盤の特色といえよう。一方、『ローエングリン』第1幕への前奏曲は格調が高く、ジークフリート牧歌は諦観的ともいえる得難き慈しみに満ちている。

<収録情報>
1 『リエンツィ』序曲
2 『さまよえるオランダ人』序曲
3 ジークフリート牧歌
4 『ローエングリン』第1幕への前奏曲


♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫
 

No comments: