Saturday, June 23, 2018

名盤探訪 ベーム ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」

ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R9BDKAREGW9G5/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07BZBZ16H

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R7DFXQRLY5VTH/ref=cm_cr_othr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B001RVITSG

ベームの4番は、その求心力ある演奏によって、この曲のスタンダード盤とでもいって良いものです。テンポのコントロールが一定でどっしりとした安定感がある演奏です。

ベームはその著『回想のロンド』になかで、「ブルックナーのように孤独で独特な存在に対して、オーケストラ全体が目標を決めていることこそ決定的なことなのだ。もしも壇上のわれわれみなが納得してさえいれば、われわれは聴衆をも納得させずにはおかない」旨を語り、特にウィーン・フィルとの関係では、この点を強調しています。

ブルックナーにおいて3番、7番、8番とも、ウィーン・フィルとのコンビではこうした強固な意志を感じさせます。小生は3番、8番は他を圧する記録、本4番と7番はそれとの比較ではやや大人しい感もありますが、総体としては、いずれも同国オーストリア人の気概をもっての魂魄の名演と言えるでしょう。


♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫

No comments: