Wednesday, May 23, 2018

名盤探訪 アルゲリッチ プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番/ラヴェル:ピアノ協奏曲

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番/ラヴェル:ピアノ協奏曲
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2WMT405D3U1DC/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B01GW03M4W

1970年1月22日アルゲリッチ初来日のライヴでプロコフィエフの「戦争ソナタ」を聴いた。当日の最後の演目だったが、音の大きさ、両腕が機械のように律動したときの目にもとまらぬ鍵盤上の指の動き、なによりその強烈な迫力に驚嘆した。いかに彼女がプロコフィエフを手中の演目にしているかを知る機会であった。

本盤はその3年前の録音だが、上記の特質とともに、特にリズム感が鋭敏で、表現の拡張性に挑戦しているような大胆さを感じる。アバド/ベルリン・フィルは、ピタリと寄り添いつつ、アルゲリッチと共同実験をしているような一体感がある。全体に生硬さはあるが、それが切れ味の良さにすべて転化しているような溌剌たる演奏。

アルゲリッチのラヴェルの旧盤。色彩感あふれ抜群の巧さのベルリン・フィルゆえにバックは水も漏らさぬ構え、一方でアルゲリッチはそうした点で気おくれなど一切している風情なく、真っ向からむきあって自分の音楽を丁寧に表現している。特に、アバドの差配でオケの音量をミニマムに絞った第2楽章での、アルゲリッチの透明で緻密でありながら深い感性をたたえたピアニズムに酔う。26歳の女性ピアニストの演奏とは思えぬ落着きと一種の威厳すらを感じる。

➡ Martha Argerich Collection 2: The Concerto Recordings にて聴取

No comments: