Tuesday, May 22, 2018

名盤探訪 オーマンディ・コンダクツ・プロコフィエフ

オーマンディ・コンダクツ・プロコフィエフ
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R19SWGDMPKN9Y6/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B0090S47X4

プロコフィエフの作品集。オーマンディがいかに先駆的にこの作曲家を紹介していたかを知る良いアルバムである(Sergej Prokofiew - Chaming Eccentric も参照)。

有名な古典交響曲を聴く。筋肉質に締まった演奏。しかも、プロコフィエフの高度な管弦楽手法と親しみのあるメロディ、そして短いフレーズに盛り込まれた凝縮の美をあますところなく味わうことができる。この19世紀に逆戻りしたような古典的出だしから次第に現代的な装いを帯びていくウイットに富む作品の本質を描き切っている。本曲、トスカニーニに名演に対して、1960年代初頭とは思えない見事な録音によって、これに比肩する成果となっている。ヴァイオリン協奏曲第2番もスターンを迎えての巧演。

→ Eugene Ormandy Conducts 20th Century Classics にて聴取


       

No comments: