Friday, May 25, 2018

名盤探訪 ショルティ バルト-ク 歌劇 青ひげ公の城

バルト-ク 歌劇 青ひげ公の城
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3376OTBEFFHKH/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00KZ60KNQ

バルトークの「青ひげ公の城」は、青ひげ公のバリトンと新妻ユディットのソプラノの掛け合いの詠唱、ぶつかりあいの二重唱ともに充実し、かつオーケストラの響きが(いわゆるオペラの軽い伴奏とは全く異質に)きわめて濃厚かつ複雑であり、作品として聴いていて実に面白い。
ショルティは、当代きってのワーグナー指揮者としての力量と、故国バルトークの最高の解釈者(専門的研究者でもあった)としてのプライドをもっての演奏であり、隅々に目がゆき届き、劇的な迫力に満ちたもの。

→ Solti Conducts Bartok にて聴取


       

No comments: